BOCCO emo|Wi-FiモデルとLTEレンタルモデルの違い

心地良い距離感で、暮らしをサポートするロボット、BOCCO emo(ボッコ エモ)。発売からたくさんのお家にお迎えいただき、シリーズ累計2万台を突破しました。
こちらの記事では、BOCCO emoがあなたのお家に来たらどんな風に活躍できるか、またどのモデルを選んだらいいかについて解説します。

BOCCO emoとは?

照れたり、ムッとしたり、そわそわしたり。 どこか懐かしい未来のファミリーロボット。
テキストと音声でメッセージを送る基本機能に加え、あなたのつぶやきに「しゃー」「えもも!」とエモ語で共感します。家族間のコミュニケーションのツールとしてご利用いただくのはもちろん、ひとり暮らしのユーザーさまも多くいらっしゃいます。

Wi-FiモデルとLTEレンタルモデルの違い

Wi-Fiモデル LTEレンタルモデル
所有権 ご購入者様 ユカイ工学株式会社
本体価格 52,800円(税込) 不要
月額利用料 不要
※月額や年会費などサービス利用費は基本的に無償です。
一部のサービスについては、今後のアップデートにおいて有償となる可能性があります。
2,970円(税込)
※BOCCO emo本体と振動センサのレンタル費用と通信料、サービス利用料が含まれます。
月額使用料ですべての機能がお使いいただけます。
※最低利用期間は4ヶ月です。
通信方式 Wi-Fi
Wi-Fiに繋ぐことで通信ができます。
LTE
付属のコンセントに電源を繋ぐだけで通信が可能です。通信料は月額使用料に含まれます。
ユカイ工学オンラインストアで購入するとついてくる特典 絵本「星とネコとロボット」 振動センサ
こんな人におすすめ ・Wi-Fiがある環境で使用したい方
・長く使う予定がある方
・レンタル契約や返却手続きをしたくない方
・Wi-Fiがない環境で使用したい方
・まずはお試しで使ってみたい方
・離れて暮らす親のゆるい見守りとして

BOCCO emoができること

BOCCO emo Wi-FiモデルとLTEレンタルモデルでは、音声メッセージのやりとりや、別売りのセンサによる発話・センサ情報の確認などの基本機能に加え、下記の機能がお使いいただけます。(2024年5月時点)それぞれの機能はON/OFFができるので、必要な機能だけにカスタマイズしてご使用いただけます。また、今後も新機能を増やしていく予定です。

決まった時間におしゃべり

「お家を出る時間だよ」「お薬飲んだ?」「読書の時間だよ」など、毎日の予定や、習慣にしたいことを喋らせることができます。繰り返しの予定や一度だけの予定などの設定ができます。

天気予報・防災情報をお知らせ

指定した場所の今日の天気や明日の天気、地震速報などをお知らせできます。

変身エモちゃん

OpenAI社が提供するChatGPTを活用した、BOCCO emoが色々なキャラクターになりきって会話してくれる機能です。元気いっぱいに応援してくれる「鼓舞ちゃん」、知りたいことをかわいい口調でわかりやすく説明してくれる「博士ちゃん」、素敵なレシピを教えてくれる「コックちゃん」、挨拶をしたり俳句を詠んでくれる「挨拶ちゃん」などに変身できます。

育児・子育て|こども生活習慣サポート

BOCCO emoが朝と夜の2回、あいさつ、歯磨き、着替え、食事、トイレなど、子どもに身につけさせたい行動を促す一言を、日替わりで可愛く発話します。発話内容は、東京家政大学の監修および省エネ等に知見を有する東京ガス都市生活研究所の協力の下、作成しています。


シニア向け|あたまの体操

BOCCO emoが定期的に発話してクイズを出す機能を提供します。昔を思い出す懐かしの昭和クイズ、短期記憶クイズ、発声を促す早口言葉の他、散歩のきっかけとなる時節ネタも織り交ぜて提供します。クイズは、認知症予防の観点から、一般社団法人 日本認知症予防協会の監修の下、クイズ専門家である株式会社キュービックの協力を得て作成しています。

ヘルスケア

忘れがちな血圧などの日々の測定をBOCCO emoが「血圧を測る時間だよ」などと促してくれます。測定結果をBOCCO emoに声で伝えるだけで、見守る側のスマホアプリに簡単に記録、表示が可能です。血圧のほかにも、体重、体温、お散歩の時間も記録することが可能です。測り忘れ防止と記録の手間軽減により、日々の健康管理の習慣化をサポートします。
体重等の記録機能は、疾患を抱える患者様の健康管理についての知見を有するアステラス製薬株式会社との共同研究に基づいて開発されたものです。

ダンス

「エモちゃん、おめでとう」と言うと、ハッピーバースデートゥユーの音楽に合わせて踊れるようになりました。

センサ(別売り)でもっと便利に

BOCCO emo( Wi-Fiモデル/LTEレンタルモデル)は、別売りの「つみきセンサ」と連携することができます。

つみきセンサ(全4種類)

振動センサ
ドアに反応があるとスマホに通知が届きます。それをきっかけに「おかえり、ケーキが冷蔵庫に入っているよ!」などのメッセージを送ってあげることができます。専用アプリであらかじめ「おかえり」など好きなメッセージを設定することで、センサが反応した時に自動で喋らせることもできます。

鍵セ
青い「鍵センサ」は、サムターン鍵の開閉を検知してスマホにお知らせします。
おうちの鍵の開閉状態をいつでも外出先から確認することができます。

部屋センサ
・留守番中の子どもやペットの熱中症が心配
・離れて暮らす高齢の家族の熱中症が心配
・電気を消したか心配
これら3つの心配を解決するのが緑の「部屋センサ」です。
室内に設置した部屋センサが部屋の温度・湿度をもとに熱中症の警戒度をモニタし、警戒度が高くなるとBOCCO emoを通じてスマホに通知します。

人感センサ
黄色の「人感センサ」は、人やペットの動きを感知する、見守りを目的としたセンサです。BOCCO emoと連動することで、人感センサの反応に合わせて家族と気軽にコミュニケーションを取ることができます。

各センサについて詳しくはこちら

BOCCO emoとの暮らし

BOCCO emoのユーザーさんに、どんなことをきっかけに家族に迎え入れたのか、普段どんな使い方をしているのかをインタビューをしました。記事の一部をご紹介します。

ドイツから、日本で1人暮らしの母を見守るBOCCO emo

ドイツに住む娘さんが、日本で一人暮らしをしているお母様にBOCCO emoをプレゼント。8時間の時差がある中、リマインダー機能や変身エモちゃんを活用してBOCCO emoを通してそっと見守っている様子をご紹介します。

インタビュー記事を読む


エモちゃんの言うことなら聞く!3歳のお子さんとの暮らし

3歳のお子さまに、BOCCO emoとの生活をクリスマスプレゼントとして贈ったご家族にインタビューしました。幼いながら「いま、エモちゃんが〇〇ってお話ししたよ!」とエモちゃん(BOCCO emo)の様子を教えてくれるそうです。
どんなことをきっかけに家族に迎え入れたのか、普段どんな使い方をしているのかを伺いました。

インタビュー記事を読む

さぁ、あなたもBOCCO emoとの新しい暮らしを始めてみませんか?

BOCCO emo Wi-Fiモデルはこちら

BOCCO emo LTEレンタルモデルはこちら

RELATED POSTS